Norway Summer Immersion Course


こんにちは、Class of 2018のYoshiです。今回はOwenの交換留学制度についてご紹介します。

Owenは世界各国のビジネススクールと提携関係にあり、それらの学校との交換留学制度を持っています(Owenの単位にカウントできます)。交換留学には様々な形態があり、2年次の一定期間(ex. 秋学期期間)を使って提携校で単位取得するパターンもあれば、MBAの1年目と2年目の間(つまり夏休み期間中)の2-3週間を使って行われるMaymester study abroad programというものもあります。今回私は6月に、このMaymester programの一環で、ノルウェーのNHH(Norwegian School of Economics)にてショートコース(Natural Resource Management)を受講してきました。

プログラムは世界各国からの参加者が集い、普段のOwenの生活とはまた違ったコミュニティを作るのに有意義でした。日中は講義中心ですが、放課後はハイキングやバーベキューなどのイベントがたくさん催され(この時期のノルウェーは日没が夜12時ぐらいで日照時間がとても長いです)、非常に濃い充実した2週間を過ごすことが出来ました。講義自体もノルウェー独自の資源マネジメント体制についてじっくり学ぶことが出来、とても有意義でした。

一方で、問題なのが物価の高さです。ノルウェーは国別幸福度ランキング2017で首位も選ばれるほどその豊かな福祉政策で有名で、教育と医療が無料なのですが、その代わり高率な税金が課されているため、物価が非常に高く、旅行者の財布には厳しい国となっています(普通にしっかり外食しようとすると、安い店でも2000-4000円程度の出費は覚悟する必要があります)。私の場合は、友人達と自炊クラブを作り、近くのスーパーで買ってきた食材を寮で調理することで生活コストを抑えました。このあたりは個人の工夫が必要となる部分かもしれません。

とはいえ、風光明媚なノルウェーでの2週間は忘れられない経験となりました。

Comments & Responses

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Share this Page